top of page

【HSBC2023年ベトナム経済リポート: ベトナムの家計負債急増】

2024/2/8の翻訳記事

元記事リンク







持続性のない消費拡大は将来の消費支出に影響を与える可能性があり、ベトナムの銀行業界にも重大なリスクをもたらす可能性がある。


HSBC銀行により新たに公表された経済報告によると、2023年はベトナムの輸出業者だけでなく、消費者にとっても難しい年であった。

ベトナムの国内GDPの50%以上を占める消費の割合は、パンデミック前の期間に年平均7.5%のペースで増加。しかし、2023年には個人消費の成長率が半分以下の3%を超えるまでに減少し、経済の鈍化が家計に与える影響を明確に反映している。


事の一因は、不動産市場の周期的な弱化による資産価値の変動の影響と、パンデミック以降の消費者行動の大きな変化によるものと経済報告では評価されている。

消費者は経済の変動に警戒し、それに伴って貯蓄の傾向が高まっている。2023年のデータはまだ公表されていないが、貯蓄率は2022年に40%増加し、この傾向を一部示唆しています。


これはベトナムの労働市場を見ればさらに明らかです。失業率は低水準の2.3%で維持されている一方で、2023年の雇用成長率は鈍化し、完全に回復していない。

また、最近の電子産業の好調は、商業部門の最も厳しい時期が過ぎ去ったことを示している。ただしこの回復は均等ではなく、繊維・機械・木工製品などの大量雇用業界がまだ完全に困難な状況から抜け出していないことを考慮すると、均等ではありません。

観光業界の回復は、労働市場にとっても重要であり、特にサービス業にとっても重要である。好ましい見通しは、ベトナムが過去1年間に1260万人の外国人観光客を迎え入れ、2019年の水準の70%に相当するものの、初期目標である800万人を大幅に上回ったことを示している。

また、この好ましい見通しは、ベトナム観光総局が今年の目標として1700〜1800万人の外国人観光客を迎え入れ、2019年の記録水準にほぼ達し、GDP8%に相当する840兆ドンの総収入を目指していることを反映していると言える。

HSBC銀行のアナリストによると新興中流階級の増加も、支出の増加による利益機会を求めて国際企業の注目を集めていると言える。日本からの直接投資は小売業や金融サービスに流入し、これは注目に値する重要な例である。


家計の資産が増加しているにもかかわらず、ADB銀行によれば、約80%の人々がまだまたは完全に銀行サービスにアクセスしていません。世界銀行のデータも示すように、ベトナムは伝統的な融資チャネルを発展させるための大きな潜在能力を持っており、これらのチャネルはまだ発展途上段階にある。



「家族の借金からのリスク」



しかし、HSBCによると、特に家計の負債が増加していることなど、関連するリスクに注意する必要があると考えられる。主に小規模ビジネス向けの融資を含む、大手4銀行の財務報告書を分析し、家計の負債がGDPの28%から50%に急増していることが判明した。

持続性のない消費の拡大は、ベトナムの銀行業界におよぼす重大なリスクや将来の消費支出に対する影響が懸念されます。なぜなら債務返済のために収入を削る必要があるためである。


HSBCの見解によれば、不動産市場に対する消費者の慎重な心理はまだ改善途上であるが、これは一般の消費者の心理を後押しすることとなる。一方で、労働市場の良い見通しは賃金の成長を支援し、それによって家計の債務返済能力を向上させる。

2023年は、電子製品以外の多くの分野でも広範な輸出成長が記録され、業界にとって最も困難な時期を乗り越えつつあります。繊維、機械、木材など、2023年に不振を強いられた業界が大幅な回復を始めています。

特に好材料と言えるのは、PMI指数が最終的に5か月ぶりに50を超えた点である。新規受注や新規輸出受注は引き続き増加しているが、企業が雇用数を増やすにはまだ不十分。一方で、配送の遅延は製造業者のコストプレッシャーを増加させていると言える。

さらに、インフレはまだコントロール下にあるといえ、具体的には、1月の主要インフレ率は前年同月比3.4%減少した。

閲覧数:6回
bottom of page